次に来る草コインバブルの準備できてますか?

こんばんは〜、ほろ酔い気分の浦島太郎(@urashima_taro18)です

皆さんは、次に来る草コインバブルの準備を進めていますか?

今日は、どうやって価格が上がる草コインを準備すればいいか?ご紹介したいと思います。

そもそも、草コインってなに?

 

草コイン(シットコイン)

3つめは草コインです。シットコインという呼び方は評判がわるかったので、田中さんが草コインを提案していたので、採用しました。

多くの草コインは、何かの課題の解決を目指しておらず、コインの目的が見えません。創業者や初期購入者の儲けのために作られたものの少なからずで、必要以上の買い煽りをしていたりします。こうした意図が見え隠れするものは、草コインとよぶべきものでしょう。

草コインの特徴

  • 新しい課題を解決しない
  • 技術的新規性がない(単なるフォーク)
  • または、技術的に実現性が乏しい(Vaporware)

引用:ビットコイン研究所ブログ

もともとは Shit Coin と呼ばれていたようですが、あまり品がある言葉ではないので「草コイン」と呼ばれたようです。

草コインは、なんらかの課題を抱えてたり、コインの目的がはっきりしていない場合が多いです。

 

では、なぜ?あえて草コインを今から準備する必要があるの?

 

皆さんに質問ですが、2017年1日1日にビットコインを買って2017年12月31日に売っていたら何倍になってたか知っていますか?

11万→143万 13倍 すげぇ

では、次にバージというコインの2017年1月1日から1年間でどうなったか見てみましょう。

な、なんと!バージと言うコインは1年で11,960倍になりました!!

仮に1月1日時点で1万円分買っていたとすると1億1960万円になっています!

1万円→1億2000万 ですよ!!

次に、草コインの代表格である XP というコインを見てみましょう!

わずか1ヶ月で、666倍になっています。

1万円→666万円 1ヶ月ですよ!!

夢ありすぎ!

草コイン」の中には、本当はものすごく将来性があるのに、まだ注目されていなかったり過小評価されているコインがあります。

そう!こらから来る草コイン祭りの準備を今からするしかありません!まだ誰もやってないうちに…

将来価格が上がりそうな草コインの探し方

① 時価総額が少ない

ビットコインの時価総額はいくらでしょうか?

2018年3月3日時点で約20兆円です。

桁がデカ過ぎてピンとこないですけど、日本で1番時価総額が大きい会社がトヨタ自動車で22兆円です。

もし、ビットコイン価格が100倍になったら時価総額も100倍になりますので、時価総額は

20兆円 × 100倍 = 2000兆円

 

参照:How big is bitcoin,really? This chart pupts it all in perspective

実際に世界で使われている法定通貨(¥,$,€など)がざっくりと3000兆円ぐらいなので、その3分の2にあたる2000兆円が100倍になったビットコインと同額ということになります。1年後にこの数字は、ちょっとありえない金額ですよね(・・;)

でも、時価総額が500位ぐらいで、例えばMemeticだと(たまたま501位にいた名前も知らなかったコインなので投資する場合はよく調べてくださいね)、今の時点で時価総額が8億7千万円なので

100倍になったとしたら 8億7千万円 × 100倍 = 870億円 になります。

100倍になれば今の時価総額ランキングだと30位ぐらいに位置しますね。500位ぐらいにいる仮想通貨だと今年中に100倍はビットコインよりは到達できそうな規模です。

ビットコインのように既に時価総額が大きいと、今から100倍は厳しいですが、時価総額が小さいコインだと1年で100倍は十分可能な金額だと思っています。ですので、時価総額少ないコインは注目された時大きく価格を上昇させる可能性が高いです。

仮想通貨の時価総額を調べるなら Coinmarketcap がオススメです。

② ニッチな分野で1位か2位

仮想通貨と一言で言っても、1500種類以上ある仮想通貨はそれぞれの目的のもと開発されています

ビットコイン ー 通貨系

イーサリアム ー 開発用ツール系

今から、草コインがビットコインやイーサリアムと同じ分野でこの2つを追い抜こうとしても、ほぼ不可能です。

それよりも、大きな競争相手がいないニッチな分野で1位か2位として頑張ってるコインを仕込んでおくと、将来その分野が注目された時はほぼ間違いなく価格は上昇します

仮想通貨でのニッチな分野だとアダルト系コインとか面白そうですね。

例えば、こんなコインがあります(まだ、投資していないのでポジショントークではないですよ!けど、面白そうなので後で調べてみよう(*~ ρ ~ ) エロ~い♪)

③ 暴騰・暴落直後でない

急激な価格上昇はなぜおこるのでしょうか?

暴騰のメカニズムは大きく4段階に分かれています。

  1. なんらかの良い話題や材料が発表される(うわさレベルも多々あり)
  2. 初期に良い話題や材料を入手した投資家が買い始め価格が上がり始める
  3. ②を見て、まだ上がると思った第2集団の投資家も買い始め価格がさらに上がる
  4. ③を見て、後発の投資家が一斉に群がり(イナゴ)、価格が騰する

上がり過ぎた価格は例外なく下がりますので暴落します

ドバイコインを例に上げると、2017年7月7日に上場後、最高値を更新します。その後、暴落し約6ヶ月間以上価格低迷が続きました。

一度、暴騰・暴落を経験した通貨は、その後、中長期に渡って低迷しますので、暴落直後のコインを仕込むのはやめましょう

 

④ まだ注目されていない取引所にしか上場していない

2017年10月2日にモナーコインが有名取引所ビットフライヤーに上場すると10月14日には13倍以上に価格が高騰しました。

有名な取引所に上場までの大まかなプロセスです

  1. 小さな取引所に上場しコインの売買が開始される
  2. 開発が進み一部の投資家から注目が集まり価格が上昇する
  3. 価格の上昇により資金が増え開発が進む
  4. 有名な取引所に上場する
  5. 多くの投資家から注目が集まり価格が更に上昇する
  6. 価格の上昇により資金が大幅に増え更に開発が進む

②の時点で有望な草コインに先回りして投資することができれば、将来かなりのリターンが期待できます

まだ、あまり知られていないニッチな分野の仮想通貨を仕込むなら!

EXX.com (イーエックスエックス)

中国系の取引所です。Qtum基軸のトレードができます。

まだ、ここにしか上場していないコイン達が隠れています。

登録はこちら

TradeSatoshi(トレードサトシ)

かなりマニアックなコイン達が取引されています。(取引所自体マニアックですけれど。。。)

登録はこちら

 

草コインを仕込むにあたって注意すべきこと

① 市場全体が下降トレンド(下がっている)

市場全体が下降トレンド(下がっている)では、ほぼ全てのコインの価格が下がってしまいます。また、下降トレンドが始まると真っ先に草コインが売られてしまいます。

このような時は、市場の下落が底打ち(上昇トレンドに入り始める)を確認するまで、焦らず様子を見ることも大切です。

底打ちがわからない場合や、購入のタイミングがわからない場合は、ドル・コスト平均法を活用した投資方法がオススメです!

【検証中】暴落時こそ絶対おすすめな投資方法!

② 余剰資金で投資する

草コインは、暴騰する可能性がある反面、暴落する可能性もありますので、「最悪、無くなってもいいや!」ぐらいの資金で投資しましょう!

まとめ

将来価格が上がりそうな草コインの探し方

  1. 時価総額が少ない
  2. ニッチな分野で1位か2位
  3. 暴騰・暴落直後でない
  4. まだ注目されていない取引所にしか、上場していない

草コインを仕込むにあたって注意すべきこと

  1. 市場全体が下降トレンド(下がっている)
  2. 余剰資金で投資する

浦島も草コインを仕込むため、Coinmarketcap でコインをチェックしたり、とりあえず取引所に口座開設だけしてコインの動向を様子見中です。

面白そうなコインがあればまたご紹介しますね( ・`д´・)ノォゥ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です